Press "Enter" to skip to content

タグ: 小林まさみ料理教室

10月の料理教室のご報告

10月8日(土)第一回料理教室が無事終わりました。

6月の受付開始から、ようやくこの日を迎える事ができ、感無量です。

当日を迎えるまでは、本当に人が集まるのか?と言う不安もありましたが、沢山の方にご入会いただき、正直ホッとしております。

中には、7年前の教室に通って下さっていた方や、以前お仕事でお世話になった方のお申し込みもあり、本当に有り難い事です。

直接生徒さんにお会いしてみると、皆さん、真面目に料理と向き合おうとしている姿勢が感じられ、私自身、大変刺激を受けました。

来月も教室が開催出来る事、とても楽しみにしております。

 

教室のご報告をさせていただきます。

 

まず、だし汁のとり方のデモンストレーション。

お味見をしていただき、そのだし汁を使って料理を作りました。

新米の季節なので、土鍋とルクルーゼで、ごはんも炊きました。

img_2948

続いて、「小松菜としめじの煮びたし、柚子胡椒風味」「れんこんのさっぱりきんぴら」のデモと実習。

そして今月のメインイベント「いくらのしょうゆ漬け」のデモと、皆さんにもチャレンジしていただきました。

自分たちで漬けたものは、保冷剤でお持ち帰りしていただきました。

翌日、ご家族の夕飯で「いくら丼」をつくり、大変喜ばれたとのご報告も!

img_2946_2

最後は、「だしあふれる卵焼き」

だし汁がたっぷりなので、初めての方では巻きにくいのですが、みなさん、上手にできました!

img_2951

色々と表情があって楽しいですね。

ふるふるで、茶碗蒸しみたいな卵焼きとの声も。

img_2962

盛りつけも、生徒さんの手で。

img_2958_2

img_2952

試食では、毎回お取り寄せ1品をご紹介します。

今回は、大分県糀屋本店「こうじ納豆」

新米や野菜にとても良く合います。

img_2963img_2945_2

 

料理教室の準備①

10月から再開する料理教室の準備をすすめています。

生徒さんが教室に到着し、まず一息ついていただく為の茶器。

どんなものにしようか悩みましたが、初めて揃いのものを購入しました。

 

形やデザイン違いの茶器を、色々と組み合わせるのが好きなので、

そのようなものを使っていましたが、揃いのものは、並んだ時に一体感がでていいですね。

生徒さん全員、同じ気持ちで、初日を迎えられたらと思います。

 

白い茶器は、飲み物の色が一番きれいに見えますし、

小振りなサイズなので、デザートや茶碗蒸しなどにも使えそうです。

 

IMG_2569

 

 

 

 

 

 

[小林まさみ料理教室のご案内]

料理研究家・小林まさみによる料理教室は、「オンラインクラス」「対面クラス」の2種類の料理教室があります。※お申し込みされるクラスにより申込先が違いますので、ご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[小林まさみ料理教室 オンラインクラス]

※オンラインクラスにお申し込みをご希望の方は、台所用品と食「暮らしの仲間」OnlineShopで詳細をご確認後、お申し込みくださいませ。

https://try-suru.shop-pro.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[小林まさみ料理教室 対面クラス]

※対面クラスにお申し込みをご希望の方は、下記詳細をご確認後、お申し込みくださいませ。

原則として、毎月1回通っていただく料理教室です。

1年12回で終了ではなく、通われる月数、年数に決まりはございません。

はじめに

ここ数年、雑誌やテレビで様々な料理をご紹介させていただきました。

「作ったよ、美味しかった!」と言われる事が、私自身なによりも嬉しく、

その言葉にパワーをもらってきました。

教室に通っていただく生徒さんには、習った料理をご自宅で作っていただき、

自分自身はもちろん、家族、友達などから「美味しかった!」とパワーをもらい、

料理を作る事、食べる事の楽しさを実感していただけたら幸いです。

教室では、毎月主となるテーマに添って料理を学んでいただきます。

テーマは、自身の経験から、「こんな料理教室があったらいいな」と思える

内容でご紹介します。

魚の下処理は、教室で1尾おろしただけではなかなか覚えられませんので、

時には1人3尾おろしていただく回も設けます。

また、難しいと思い込んでいる本格的な料理も、少し工夫すれば家庭でも作りやすく

なり、「あっ、私にもこの料理が作れた」という自信につながります。

雑誌やテレビでは伝えきれない細かい部分もお伝えし、「かゆい所に手が届く」

そんな料理教室を目指し、皆さんと楽しい時間を過ごせたらと思います。

料理は作れるけどきちんと習ってみたい方、レパートリーを広げたい方、

味をワンランクアップさせたい方、また、料理初心者で一から習いたい方も、

年齢を問わずお気軽にお申し込みください。

2021年4月 料理研究家 小林まさみ

料理内容

テーマに添った季節の料理を4品ほど実習します。

*1品がデザートになる月もございます。

ある年度のテーマ例

 1月 一人一杯いかをさばく。

 2月 たまにはお菓子が主役。

 3月 お赤飯を炊こう。

 4月 たけのこを茹でる。

 5月 基本の洋食。

 6月 保存食を楽しむ。

 7月 冷やし中華始めました。

 8月 タコスパーティー。

 9月 秋の味覚の献立。

10月 餃子の皮と上手な焼き方。

11月 魚のアラを使いましょう。

12月 おうちでステーキフリット。

*食材の手配などにより、一部メニューが変わる場合もございます。

レッスンの流れ

①献立の説明

②デモンストレーションを交えながら実習

*ポイントをおさえながら、一緒に作っていただき、盛りつけまで行います。

*料理内容により、デモンストレーションを簡略する場合もございます。

③試食

日時・定員

毎回、下記の同一クラスに参加していただきます。

定員:各8〜9名

第2金曜日(午前クラス):10時30分〜13時00分 

第2土曜日(午前クラス):10時30分〜13時00分

第2土曜日(午後クラス):14時00分〜16時30分 

第4土曜日(午前クラス):10時30分〜13時00分

第4土曜日(午後クラス)14時00分〜16時30分

*メニュー内容によっては、終了時間は多少前後します。

*ご参加できない日の振替は可能です。

* 現在は女性のみの募集とさせていただきます。

場所

場所:studio Green(東京都杉並区)

最寄り駅:丸の内線「新高円寺駅」または「方南町駅」 徒歩15分ほど

     井の頭線「永福町駅」 徒歩15分ほど

*詳しい地図は、予約を完了された時点でお送りさせていただきます。

受講料

入会金:11,000円(税込)

受講料:1回 7,700円(税込)

* 初回受講料のみ、事前のお振込をお願いしております。

*入会金は、初回当日にご持参ください。

*2回目以降の受講料は、毎回 翌月分(7,700円)を教室にて頂戴いたします。

 ■お申し込み方法と流れ

①下記「教室お申し込みフォーム」よりお申し込みください。

     ⇓   ⇓

②教室より「事前振込のお知らせ」をメールにてお送り致します。

*お申し込みいただいた方には、48時間以内に必ずご返信しております。万が一メールが届かない場合は、お客様の携帯などの設定が、当教室のメールアドレスを「受信拒否」にしている、また迷惑メールフォルダに入ってしまったなどの可能性があります。お手数をおかけいたしますが、ご確認の上、「小林まさみ料理教室お申し込みフォーム」より、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

     ⇓   ⇓

③受講料の振込の確認ができましたら、教室より最終のご案内を送らせていただきます。

※この時点で、正式に予約完了となります。

■小林まさみ料理教室申し込みフォーム

★お名前 (必須)

★郵便番号 (必須)

★ご住所 (必須)
        

★メールアドレス:パソコンからのメールが受信できるもの (必須)

★電話番号:携帯など日中ご連絡のつく番号を御記入ください (必須)

★電話番号
  

★料理教室参加希望時間。□をチェックを入れてください。 (必須)

午前クラス 10時30分〜13時00分午後クラス 14時00分〜16時30分どちらでも良い質問のみ

★アレルギー食材がある方は下記にお書き下さい。
       

★ご質問、メッセージは下記にお書きください。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

右の英数字を入力して下さい : captcha

初回ご予約分の振替、キャンセルについて

予約完了後、やむをえず受講日の都合が悪くなった場合

①振替

ご予約日の3日前までにご連絡をいただければ、1回に限り振替が可能です。

*振替日につきましては、その都度ご相談により、日程を決めさせていただいております。

キャンセル

当日お越しいただけない場合はキャンセル扱いとなり、受講料の全額を申し受けます。

*事前に材料の手配をしているため、ご了承くださいませ。

*レッスン当日のレシピは後日お送りさせていただきます。

緊急事態宣言発令などで教室が休校になった場合

教室が開校できた月に、お預かりしている受講料を回します。(受講料を無駄にすることはございません)

 

img6-600