Press "Enter" to skip to content

タグ: 日々の生活

出演情報 BSフジ「夢の食卓」

1月9日(土) 22時30分〜23時00分 

BSフジ「夢の食卓」に小林まさる、まさみが出演致します。 

*再放送 1月16日(土) 9時30分〜10時00分

 

「掃除、買い出し、試作、撮影、家族の食卓、プライベートなど、なかなかお見せする事のない部分の取材も受けました」

どのように編集されたのか?自分達も見るのが怖ーい番組。

 

https://www.bsfuji.tv/top/pub/table.html

 

2016年元旦

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、更新の少ない私のホームページを、辛抱強く見守っていただき、誠にありがとうございました。

2016年も、「皆さんのご家庭で愛されるようなレシピ」を提案してまいりたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

IMG_1591IMG_1596

今年のおせち

煮しめ(今年はあごだしをとり、手綱こんにゃくではなく、玉コンニャクを使い、梅麩もプラスしました)

田作り(カシューナッツ入り、黒砂糖で風味よく)

黒豆入り五目卵焼き(伊達巻き代わりに作りました。ひき肉、にんじん、椎茸、絹さや入り)

鴨ロースの粒マスタード風味(鴨ロース、はちみつ、粒マスタード、しょうゆなど)

鮭の昆布巻き(初めて鮭を巻いてみました)

なます(柚子茶で風味をつけました)

たたきごぼう(ねりごま、味噌を加え、こっくりと)

栗きんとん(昨年に引き続き、カルダモン風味)

紅白かまぼこ(わさび漬けをサンド)

他、海老のつや煮数の子いくらしょうゆ漬け鴨ロースお雑煮

 

 

 

 

 

まさる漬け

義理父まさるが「青唐辛子漬け」を仕込んでいました。

撮影時のご飯のお供で、

「まさる珈琲」と並び、我が家の名物、その名も「まさる漬け」

青唐辛子は、主に韓国食材の店で買いますが、

選ぶのはもっぱら「激辛」と書かれた袋のみ。

 

IMG_0139_2

青唐辛子を大量に炒めると、目がピリピリしてくるので、

家中の窓は全開。しばしの我慢。

 

フライパンを2つ使う所も、慣れたものです。

IMG_0153_2

これを醤油や缶詰などで漬け込みます。

撮影で気に入ったスタッフが、自宅で再現するようですが、

なかなか同じ味にはならないようです。

まさる曰く「オレは60年以上も作っているから、年期が違う」と。

IMG_0170

 

青唐辛子は季節や種類、かじる部分により、辛さが違うので、

かじった後のリアクションがひと様々。

まるでロシアンルーレットのよう。

 

シルバーウィーク

先日のシルバーウィーク、

我が家のシルバーは、敬われる事も無く、毎日仕事をしておりました。

 

自宅にて、撮影の料理を仕上げるまさる。

IMG_0236

 

レタスクラブのキッチンにて、スタジオの鍋をピカピカに磨くまさる。

IMG_0244

 

シルバーウィークあけ、束の間の休日。

ゆっくり家でくつろぐと思いきや・・・・

夜、飲み屋にご出勤のまさる。←写真がなくて残念。

これが元気の秘訣??

 

 

 

こまさるカレー

夫は、父「まさる」に似ている事から、撮影スタッフの間では「こまさる」と、陰で呼ばれています。

先日、一人でテレビを見ていた「こまさる」

料理家の栗原心平さんがカレーを作っていたそうで、急に「カレー作ってみようかな」と言い出しました。

驚きです!

料理をしている姿を見たのは、行きつけの居酒屋のお気に入りメニュー「おくらの豚肉巻き」くらい。

 

こまさるの気持ちが変わらないうちに、早速材料を買いに行き、作ってもらいました。

初カレーにしてはかなり凝っている材料・・・・

スペアリブ、なす、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、にんにく

カレー粉、ラー油、花椒、オイスターソースなど

 

レシピはうろ覚えらしいが、早速調理。

本当に作れるのだろうか?夕飯、何時に食べられるのだろうか?

心配しながら見守る「私とまさる」

 

 

しかし予想に反し、みじん切りも自己流でこなす、こまさる。

時間はかかるが、レシピも見ないで目分量で作る、こまさる。

最後、洗い物まですませた、こまさる。

どこで覚えたのだろうか????

まさるの遺伝子???

 

そして、出来上がったカレーはこちら・・・・

 

IMG_0973

 

焼いた茄子は、ご飯に添えるのが、こまさるのこだわり。

きゅうり、おくら、サニーレタスは、昨晩の手巻き寿司の残りを添えていた。

 

お味は、超辛うま!!!!

栗原心平サンに感謝。