年賀状

今年も年賀状が届きました。

届いた年賀状はポストから取り出し、家族それぞれの宛名に仕分け。

そして、自分の分だけを見るのが通常です。

しかし、義理父まさるはちょっと違います。

自分宛に届いた年賀状はもちろん見ますが、私宛に届いた年賀状も全て見るのです。

私とまさるに連名で届く場合もありますので、それを見るなら判るのですが、

私宛に届いた年賀状も、1枚ずつ、隅から隅まで、ずずずいーっと、全てチェックするのです。

見ても良いと、言ってないのに。

例えば・・・

「まさるさんにもよろしく」とか、「まさるさんに会いたい」とか、

とにかくキーワードの「まさる」を探しています。

そんなまさるを、私は毎年横目で見ています。

1枚も見逃したくないようで、指につばをつけ、ハガキをめくっています。

なので、私宛の年賀状は、毎年まさるの唾だらけ(悲)

途中急に笑い出すので、耳をすました所・・・

「まさるさん飲み過ぎ注意!」と書かれていたようで、

「誰だこんな事書いているのは?」と、今度は差出人もきちんとチェックし、嬉しそうにしています。

これがお正月あけ、まさるの恒例行事。

フォローする