サバ読み

突然ですが、みなさんは実年齢から何歳くらい「サバ読め」ますか?

私はせいぜい5歳くらいでしょうか・・・(ちなみに、プロフィールはサバ読んでおりませんので)

年齢を重ねると、その振り幅も大きくなるようです。

今日は、義理父まさる(81歳)の実話をご紹介します。

飲み屋で年齢を聞かれた時・・・

まず「58歳だよ」と言うらしく、

店の女の子に「うそー」とつっこまれると、

「バレたか、63歳だよ」と、笑って落とすらしいのです。

この時点で、約20歳サバ読み!

例えは違うかも知れませんが、

ベトナムに旅行した時、1000円のものを半値以下に値切り交渉すると、半値くらいに負けてくれるような・・・

そんな巧妙な技に思えた私。

以前、女性週刊誌(芸能情報が掲載しているような)のお仕事で、

まさるの顔写真の横に、年齢が掲載されると知った時(←当時70代)

「年齢がでるなら、こんな仕事2度とやらない」と、年齢の掲載をやけに拒み、だだをこねたまさる。

女性でもないし、もういいお爺さんなんだから、拒む意味が判りませんでした。

しかし、「サバ読み」の話を聞いて納得!

女性週刊誌は、飲み屋の女の子も見るから、バレたくなかったのでしょう(笑)

それから数年後、78歳を迎えたまさる。

テレビや雑誌で色々と取り上げられるようになり、

実年齢を言うと、「お父さん若いねー!!!」と驚かれる事に快感を覚え始めました。

その頃からでしょうか・・・

初めて会う人に年齢を聞かれると、

「俺ももう80歳だよー」と年齢を上乗せし、「逆サバ読み」しだしました。

えっ!まだ80歳になってないでしょ。

耳を疑う私。

「70代」と言うより、「80代」と言った方が、そのギャップでより驚く。と、知恵をつけたのでしょう。

オヤジ心は理解不能。

フォローする