まさる漬け

義理父まさるが「青唐辛子漬け」を仕込んでいました。

撮影時のご飯のお供で、

「まさる珈琲」と並び、我が家の名物、その名も「まさる漬け」

青唐辛子は、主に韓国食材の店で買いますが、

選ぶのはもっぱら「激辛」と書かれた袋のみ。

IMG_0139_2

青唐辛子を大量に炒めると、目がピリピリしてくるので、

家中の窓は全開。しばしの我慢。

フライパンを2つ使う所も、慣れたものです。

IMG_0153_2

これを醤油や缶詰などで漬け込みます。

撮影で気に入ったスタッフが、自宅で再現するようですが、

なかなか同じ味にはならないようです。

まさる曰く「オレは60年以上も作っているから、年期が違う」と。

IMG_0170

青唐辛子は季節や種類、かじる部分により、辛さが違うので、

かじった後のリアクションがひと様々。

まるでロシアンルーレットのよう。

フォローする